初めての脇毛脱毛 > ワキ毛の処理 > 脇脱毛で多汗症に!?脱毛と脇汗・ニオイの関連性とは

脇脱毛で多汗症に!?脱毛と脇汗・ニオイの関連性とは

body

女性にとって脇毛は一番処理したいムダ毛です。
最近ではエステサロンの脇脱毛はとてもリーズナブルなため、脱毛して、スッキリとキレイな脇にしたいと思っている人も多いはず。

しかし、そんな脇脱毛でも、もしデメリットがあるとしたら困りますよね。
よく耳にするのは、脇汗とニオイの問題。

脇脱毛と汗・ニオイの関係について調べてみました。

脇脱毛で汗とニオイが増えるらしい?

脇脱毛をしたことで「脇汗の量が増えた」「脇汗のニオイが気になるようになった」という声もあるそうです。

ムダ毛も気になりますが、女性として汗の量が増えたり、臭いが強くなるのは避けたいです。
もともと汗をかきやすかったり、脇の臭いが気になるという方は脇脱毛をする前に真相を知っておきたいですね。

実は、汗の量も臭いも、基本的には脱毛が原因で変化することはありません。
しかし、実際の口コミなどにあるように、そのように感じてしまうのには2つの理由があります。

1.脇毛がなくなることで汗が直に流れる

ワキ毛の役割は、毛穴から出た汗を毛に沿って流すことで、汗を肌にとどまらせないことです。
脇脱毛でワキ毛を毛根から脱毛してしまうため、かいた汗は直に肌に残りやすくなります。

そのため、ワキ汗を実感しやすくなるため、汗の量が以前より増えたように感じてしまうのです。

「脱毛後多汗症」は一時的

それでも実際に汗の量が増えている、という人は「脱毛後多汗症」の可能性があります。

「脱毛後多汗症」とは、脱毛の施術で脇の汗腺が刺激されることで汗が出やすくなる状態を言います。
ただし、その症状はごくまれで、しかも一時的に起こるだけで自然に治り、継続することはありません。

2.脇に意識が集中している

脇の臭いが気になってきたように感じるのは、脇脱毛をしたことで自分のワキに意識が向くようになったことが要因として考えられます。

それまではあまり脇を気にしたことがない、という人に多い状態です。

脇をキレイに仕上げるようになったことで、頻繁に意識が向くようになり、汗の臭いがしていないか神経過敏になってしまう場合があります。

精神面が原因で多汗症になることも

脇を意識しすぎて、汗や臭いを常に気になってしまうようになると、緊張を招き、逆に汗の量が増えてしまいます。

精神的な状況が原因で多汗症状が出る、「精神性発汗」があります。
汗が大量に出るようになってしまうと、同時に臭いもそれまでより発生しやすくなります。
汗をかくほど気持ちに焦りが生じ、そのストレスがまた汗を出してしまうという悪循環です。

脇汗が臭う根本原因とは

体の部位の中でも脇は、汗をかくと匂いが発生しやすい箇所です。
脇汗がにおう根本原因となる2つの理由があります。

1.脇にはアポクリン腺が多い

脇には汗腺が集中して存在します。

汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類あり、脇にはアポクリン腺が特に多く存在します。
アポクリン腺から出る汗には、たんぱく質、脂質が豊富に含まれています。

たんぱく質や脂質は雑菌にとって充分な餌となり、雑菌の大量繁殖が起き、ワキ汗のニオイ発生につながります。

2.脇は通気性が悪い

脇の環境も、臭いを発生させるもとである雑菌の繁殖に好条件といえます。

脇は菌が繁殖するのに充分なほど、通気性が悪く、湿度が高くなりやすい部位です。
かいた汗を放置してしまうと、いっそう雑菌が繁殖しやすくなります。

通気性が悪く、湿度が高くなりやすい部位のため、むしろ脇脱毛をしたほうが臭い対策になると言えます。

気になるときの脇汗・ニオイ対策

脱毛後の脇は気にしないことが汗、においの対策になります。

どうしても脇汗が気になるときはその都度対策することで、清潔感を保つことができます。
脇汗に有効な対策方法をご紹介します。

1.制汗剤、汗取りパッドを活用

精神性発汗など、汗の量が増えたと感じたときは、感染を塞いで汗を止めるタイプの制汗剤を使いましょう。

ロールオンタイプのように、しっかりと肌に制汗剤を密着させることができる形状が理想的です。

また、シャツの汗ジミを防げる汗取りパッドも有効です。
汗が出たらすぐに吸収してくれるため、日中も快適、清潔を保てます。

2.汗をかいたら拭く習慣

汗の量や臭いが気になるときは、汗をかいたらすぐにふき取る習慣を身に付けましょう。

ハンドタオルやスポーツタオルを持ち歩いて、脇の肌に汗がとどまらないようにすることで、ニオイを作り出す雑菌の繁殖を抑えることができます。

3.汗ジミ防止トップス

脇にもともと汗ジミ防止のパッドが付いたトップスもあります。

脇汗をかいてシャツにシミが出来てしまう、など心配な人は洋服選びの際は脇のパッドの確認もしておきましょう。

4.汗止めのツボ

人間の体にあるツボの中には、汗を止めるツボがあります。

代表的なものは屋翳(おくえい)と大包(だいほう)です。
屋翳は乳首の3~5cm上にあるツボで、大包は脇の真下近くにあります。
中指と人差し指を使って、ゆっくりとギューッと押してください。

または、わきの下から胸の前を1つの紐で強めにしばることでも同じ効果を得られます。
この方法は、半側発汗(皮膚圧反射)といい、舞妓さんなども活用している汗止め方法です。

5.脱毛でニオイ予防に

脱毛は皮膚を傷つけることなく、毛根からムダ毛をなくすことができるので、雑菌が繁殖しにくくなります。

また脱毛後多汗症の症状が出て一時的に汗の量が増えたとしても、毛根自体がないためやはり雑菌は繁殖しにくくなります。

毛根からなくすことができるため、脱毛をするとワキガのリスクも減らすことができます。

6.どの対策も効果が無いときはクリニックへ

以上のどの対策にも効果を感じられない、という人は多汗症の診療を行っているクリニックへ相談しましょう。

汗や臭いの原因が体質によるものなのか、精神的なものなのかをまずは専門家によって診断してもらう必要があります。

体質によるものであっても、ボトックス注射やミラドライなど、一人ひとりの症状にあった治療方法があります。
多汗症は治療可能なので、対策だけであきらめず、近くの病院を探してみてください。

脇脱毛は脇のニオイを根本解決!

脇脱毛のデメリットとして脇汗やニオイが挙げられていた大きな原因は、ムダ毛がなくなったことによって感覚が変わったことと、精神的な面が大きいようです。

脱毛自体はむしろ脇の肌を清潔に保つために有効なお手入れになります。

逆に汗に悩んでいる人は、まずは脇脱毛してみると一石二鳥、なんてこともあるかもしれませんよ。