初めての脇毛脱毛 > 脱毛サロンを選ぶポイント > 勧誘はひどくない?強引な勧誘があった時の断り方

勧誘はひどくない?強引な勧誘があった時の断り方

脱毛サロンの中には、勧誘がある場合もあります。
勧誘とは、ムリに誘うことで、こちらが断っているのにもかかわらず、強引な勧誘も存在します。
例えば、無料トライアルをしたいだけで、脱毛サロンに行き、トライアルが終わった途端、では契約ですと、無茶ぶりをしてくるところもあります。
また、トライアルをした時点で、もう二度と来たくないという対応をしておきながら、強引な勧誘に帰宅させないような、脅迫めいた事をされたという事実も報告されています。
すべての脱毛サロンがそうだとは言いませんが、大手のところでも、勧誘の存在はありますから、トライアルの時点で、それなりの覚悟をすることをオススメします。

HT195_350A

しつこい勧誘の断り方としては、断固首を縦に振らないという強い意志で挑むことです。
どんな歯の浮いた褒め言葉にも動じないということが大切です。
しかし、勧誘には弱いから、自信がないという場合は、いくつか方法があります。
事前に友人などに、終わる時間に電話をくれるように依頼をしてきます。
勧誘の最中になるようにして、今すぐ帰らなくてはならないからということで、勧誘の場から逃げることができます。

高いから、契約をしないという場合は、クレジットカードを作れない状態であるということを言ってみてください。
実は自己破産をしましたというようなことでも良いです。
ですから、契約はできませんというと、脱毛サロンとしてもそれ以上の勧誘はしてこないでしょう。
なお、このような勧誘を受けた場合、口コミなどの報告をお願いします。
同時に、消費者センターなどへの報告をすることで、あとから勧誘に来る方へのアドバイスもしていただくと嬉ししいですね。

脇毛脱毛でお悩みの方へ…おすすめ関連記事
おすすめの脇毛脱毛サロンランキング
値段、技術の両方において特に脇毛脱毛に定評がある3サロンを徹底比較!
サロンを選ぶポイントも紹介中。
この機会にカウンセリングへ行ってみてはいかがでしょうか!カウンセリングは無料ですよ♪